赤ちゃんの命を預ける助産院の選び方|出産に向けて

ドクター

高齢女性に多い不正出血

カウンセリング

婦人科を受診する世代は若い人たちばかりでなく、高齢者の世代でも受診する人たちは多いです。大阪にある婦人科でもそのような世代を積極的に受け入れており、1人での受診が困難であれば家族による付き添いも歓迎しています。高齢者に多い不正出血は危険な症状もあるため、放置してしまうのはよくありません。

詳細へ

赤ちゃんを迎えよう

病院

どんな所なのでしょうか

妊娠したら、どこで赤ちゃんを産むかを考える必要があります。現在では妊娠中に妊婦健診を受けるのが一般的なため、そのまま分娩施設のある病院で産む方が多いですが、助産院も根強い人気があります。助産院とは一体どんな所なのでしょうか。産院との大きな違いは、助産院は医療行為を目的としていないため、医師が常駐していない事です。助産師の資格を持った人が開業しているため、病院とは違い夫以外の家族も立ち会えたり、畳や布団の上など自由なスタイルでお産が行えたりと、妊婦さんの希望に沿う事が出来るのが大きな魅力です。最近では出産を1つの大きなイベントとして考える方も多く、また、分娩出来る病院も減ってきているため助産院のニーズが高まってきているのです。

特徴と注意点

しかし、誰もが助産院で出産出来るわけではありません。医療行為を行えないという事は、リスクのある妊婦さんは利用出来ないのです。妊婦健診は提携している病院で受けますが、妊娠中の経過が悪かったり、前回の妊娠出産に異常があった場合は助産院では産めません。また、妊娠中に問題がなかったとしても、破水後24時間以内に陣痛が来なかったり、母体発熱や会陰切開を行わなければならないなど、通常の出産でもよくあるケースでさえ、病院へ緊急搬送になってしまいます。このようにデメリットやリスクもありますが、やはり妊娠中から出産、産後までトータルでケアしてくれる助産院で産みたいという方も多いでしょう。その場合は提携医療機関や緊急時の対応を予め確認しておく事は勿論、妊娠中に母子ともに元気に過ごせるよう自分で出来る限り気をつけましょう。赤ちゃんを迎えるにあたって、助産院も是非1つの選択肢として考えてみてくださいね。

不妊症に悩む夫婦に朗報

先生

着床前診断は日本では一部の人にしか認められていない方法で、受精卵の段階で染色体の異常などを察知できます。海外の病院では着床前診断が可能な場合もあるので、アメリカなどの病院に行く人もいます。

詳細へ

精子の数が極端にない場合

看護師

無精子症は、精子の数が認められない症状を言います。精管が塞がれた状態と精子がそもそも作られていない原因とにわかれます。しかし、専門的な治療で無精子症であっても妊娠を成功させることが可能で、高度な技術によって良質な精子を採取していくことができます。

詳細へ