不妊症に悩む夫婦に朗報|赤ちゃんの命を預ける助産院の選び方|出産に向けて

赤ちゃんの命を預ける助産院の選び方|出産に向けて

先生

不妊症に悩む夫婦に朗報

先生

受精卵の異常を察知

着床前診断を簡単に言うと「受精卵の異常を察知できる方法」です。具体的には、受精卵が子宮に入り込み妊娠となる前に、受精卵の染色体異常や遺伝子異常を調べる事を言います。着床前診断は不妊症や流産で苦しむ方達に向けた技術と言われています。不妊症や流産の原因には受精卵の染色体異常があり、年齢が高くなるに従い染色体異常を持つ割合が高くなります。着床前診断を具体的に言うと、染色体に異常があり子宮に着かなかった受精卵と流産する運命であった受精卵とを排除し、胎児となる事が出来る受精卵だけを子宮に戻す方法です。こうする事で不妊症の方の流産のリスクを減らす事ができ、健康な子供を産む事を可能にする技術なのです。また体外受精に於いても受精卵の子宮への着床率が高くなり、体外受精の妊娠率が格段に高くなると言われています。

倫理的な問題

着床前診断は不妊症や流産の悩みを持つ方にとっては大きなメリットがあります。しかし、その反対に様々なデメリットも存在します。「妊娠前に異常があるか解るならやりたい」と言う意見が多くありますが、現在日本において着床前診断が出来るのは、遺伝性の重い疾患を抱えていると認められた場合に限られています。また、着床前診断することで男女の判別が可能となる点や、妊娠前の遺伝子を選別する事は倫理的な観点から問題があるとされており、世界的に議論されています。日本に於いては産み分けは禁止されていますが、海外では可能な国もあります。高額な渡航費や検査費が掛かりますが、どうしても産み分けしたい場合にはアメリカなどで着床前診断を受ける事で可能となります。